帰るよって

Pocket

お久しぶりがてらのご報告

 

 

急ではございますが、

 

秋田に帰ることになりました。

 

そもそも
宮崎県で農業の研修を3年間予定していて
1年目が終わろうとしていたんですが、

 

 

秋田の実家から急な連絡があり

それが帰るきっかけというか、
帰らざるおえない状況になったわけでありまして

 

 

詳しく説明すると

 

 

2月23日の夕方に母さんが亡くなりました。

本当に突然の事でした。

 

その日の夕食は家族とご飯を普段どおり食べて

変わりのない感じだったんですけど、

母さんが座り込んでいたらしく声を掛けても応答がなく、

急いで救急車を呼んだそうです。

 

心臓マッサージを30分もしてもらいましたが
息をひきとる事なくそのまま還らぬ人となってしまいました。

 

死因は急性不整脈と診断されました。

 

もう1ヶ月も経つんですけど全然実感がないです。
本当にあっという間でした。

 

 

実家では元々、父さんと母さんの2人農業をやっていたので

それが1人になると考えると無理があるわけで、、

 

 

さらに、

今回の母さんの死で色々と考えさせられました。

 

人は簡単に死んじゃうんだと、

父さんの気持ちになってみても
自分の大切な1番近くにいた人がいなくなってしまうという事が

自分じゃ考えもつかないほど辛いだろうと、

 

 

でも自分だけが不幸だとか可哀想なんて思ってないです。

 

 

世の中にはこんな経験をしてきてる人はたくさんいるわけで

自分もその人達の中の1人でしかないのだと、

 

 

今回このようにブログに書いたのも
励ましとか慰めて欲しいとかではなく、

 

こういった事実がいずれ起こるということ。

きっとこのブログを見てくれている人達の中にも

経験している人もいるかもしれません。

 

起こってからじゃ遅いかもしれないですけど
起こることなんて大抵わかんないもんなんですよね

 

だから今を大切にしていきたいですし、
これからの将来と前向きに考えたいです。

 

 

だいぶヘビーな話で胃もたれしてきてる人いると思いますが

 

実際にこういった場面に立った時は受け入れれる気持ちと
その人の分も頑張るぞって気持ちで頑張るぞって

 

そんなこんなで
宮崎はあっという間の1年になっちゃいましたが
本当に宮崎で出会った人達には感謝しています。

 

宮崎での振り返りについては
帰りのフェリーで1年間の事を思い出しながら書きたいと思います。

 

地元の友達、県外で出来た友達や
お世話になった人達にはこらからもっとお世話になるので

いつも通りの高原一馬にいつも通り接して下さい。

 

 

秋田に帰ってから何が起こるかわかんないですけど

間違いなく有名人にはなるんで

県外の人達に早い内に報告できるように頑張ります。

 

 

兎にも角にもお世話になりました。

 

タカハラカズマa.k.aあきたくんでした。

 

因みにバイクで宮崎→秋田帰りまする。

尻を割る気持ちで帰るよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA